会社情報 事業概要 IR情報 採用情報 店舗一覧 グループ企業一覧 テンポス精神17ヶ条 お問い合わせ

2020年12月10日更新

コロナ禍でも通期過去最高業績の見通し「テンポスバスターズ(単体)」


飲食店向け中古厨房機器販売および飲食店経営支援を行う株式会社テンポスバスターズは、今期の業績予想において、過去最高の業績予想となる見通しがついたことをお知らせします。

今期(2021年4月期)第2四半期の業績

        2021年4月期第2四半期(実績)前年同期比
売上高63億94百万円95.5%
営業利益7億66百万円103.3%

今期(2021年4月期)の通期の見通し

        2021年4月期通期の見通し(予想)前年同期比
売上高132億11百万円 (過去最高)106.5%
営業利益15億12百万円 (過去最高)127.8%


業績好調の背景

新型コロナウイルス感染症の影響で、飲食店の閉店が相次ぐ中、テンポスバスターズの業績が好調な理由は大きく3つあります。

1.店内での声掛けと見込管理フォローの徹底
2018年から強化している来店客への声掛けの徹底により、これまで来店しているにも関わらずアプローチが出来ていなかった新店オープン顧客からの受注数が増えております。直近9月から11月の3カ月間の新店オープン顧客の受注件数は5,901件(前年同期比121.1%)です。

2.見込管理フォローの徹底とZOOM研修
声掛けの徹底と同じく、営業活動の中で見込管理フォローの徹底を行うことで、受注数増および客単価アップに寄与しました。新型コロナによりオープンの先延ばし等から5月から8月までは客単価は減少傾向でしたが、10月から前年同月比100.4%、11月100.2%と回復しています。また、従業員をドクターに育成するべく、販売員263名はオンラインツール「ZOOM」を使った研修を一人当たり週5時間実施しています。厨房機器などの物販だけでなく飲食店経営に役立つ情報やサービス「Drサービス」を提供することで、新店オープンの顧客の囲い込みに繋がったことが理由としてあげられます。





テンポスバスターズ月別の売上高・営業利益・客数の前年比

        5月6月7月8月9月10月11月
(暫定)
12月
(予想)
売上高前年比75.9%95.9%101.3%97.1%84.4%120.5%109.9%103.4%
営業利益前年比18.7%101.8%111.6%121.7%66.8%182.7%139.4%111.0%
客数前年比100.6%105.5%100.4%101.6%93.5%111.3%104.6%104.6%
営業利益21百
万円
1億17百
万円
1億73百
万円
99百
万円
1億33百
万円
1億89百
万円
1億79百
万円
1億10百
万円

       →前年比超え


現在、テンポスに来店される新店オープンのお客様の客単価は平均26万円です。しかし本来であれば新店オープンに必要な厨房機器や店舗用品の総額は470万円です。そのため、今後は客単価26万円を100万円に引き上げるべく、テンポスに来店する前の、物件探しや内装工事の計画段階から顧客の囲い込みができるよう施策に取り組んでまいります。
以上

株式会社テンポスバスターズ
営業本部長 遠山貴史
HP:https://tenposbusters.co.jp/