会社情報 事業概要 IR情報 採用情報 店舗一覧 グループ企業一覧 テンポス精神17ヶ条 お問い合わせ

2019年6月26日更新

社長に性悪男と言われる社員紹介

 

6/4日、森下社長から広報にこんな指示が出されました。


-森下
「口の利き方を分からん馬鹿野郎がいる。あの馬鹿は、筋金入りだから、デビューさせろ。あのレベルの馬鹿を3人見つけて、セットにして世に売り出せ。」とのこと。
きっかけは、会議で北出さんという社員が社長の指示に対して「はいはい、分かりましたよ。やりますよ。」という態度をとったことが発端。取材を受けてもらえるとは思っていなかったが、お願いしたところ「いいよ。何でも答えるよ」と返事をもらい早速取材に。赤裸々に話してくれました。
=========
●北出さん:勤務12年目のベテラン社員 70歳 男
週末の楽しみ、平日に撮りためたドラマを見ること
●話を聞く人:広報担当、おとまる。28歳 女
image

キャプション:北出さん「男前に撮ってくれよ~!」


―会議で社長に「口ごたえするな」と言われた時、正直どう思いましたか。

社長が話している内容が正論なら受け入れるけど、違うなら反発するよ。社長の話は、本質をついて観点も鋭くすごいなと思う事はたくさんある。でも、ちょっとこれは何も考えずに言っているな、という時があるんだ。


―何も考えずに言っているとは、どんなときですか?

例えば、会議の資料をちゃんと読んでいないのに、怒っているときとか。まぁ、それは別にしても自分が違うなと思ったことは、相手が社長でも違うと意思表示しないといけないと思う。若い子はもっと社長に対して意見を言った方がいいと思うよ。こうした方がいいとか、この考え方は違うんじゃないですかとか。


-でも違うなんて言ったら社長は怒りませんか?

確かに怒るときもあるけど、森下社長って意見をどんどんぶつけてくれる人が好きじゃない。それに自分が言いたいことを黙って嫌な思いをするよりも、言いたいこと言って怒られる方がいいでしょう?


-周りの人から「北出さんは性悪だね。」とか言われた事ないですか?

ないよ。でもちゃんと分かって欲しいから、言葉がきつくなるときはあるかもね。でもそれは反抗したいわけではなくて、主張したいだけなんだ。


-先日の会議で、社長に「はいはい、分かりました。やりますよ」と反抗的な口調で言い返したと聞きました。

そんなに私の態度悪かったかな。
その時は、虫の居所が悪かったのかもね(笑)


-社長の秘書が隣で聞いてて驚いていましたよ。

そうか。でも、社長に媚びを売りすぎるたらいけないと思うんだよね。私は森下社長はすごいなと思っているし、魅力的なところや良いところもたくさん知ってるよ。でもさ、社長も人間なんだから欠点だってあるんだよ。だから納得のいかないことがあれば、怒られる覚悟で主張するよ。


image

キャプション:記事のチェック中。「字が小さいね。本当はハズキルーペがいいんだけど、今日はコレで」



-北出さんが思う性悪男って誰ですか。

もちろん、森下社長だよ。社長が一番性悪。でも、それはいい意味でね。
思ったことをスパッと言うところとかね。表裏もなく面と向かって言ってくれるしさ。もちろん経営者としても尊敬してるよ。


-(それは、性悪というようより単に良い人なのでは・・・)

でもさ、社長は思いついたことでもスパッというものだから、社員が戸惑っているときがあるよね。だから社員は社長の言葉を解釈して仕事に取り組まないなといけないなと思う。もし、考えても分からなければ質問すればいいだ。


-分かったふりが一番ダメとうことですよね。

そうだね。分かったふり、納得したふりというのは社長が一番嫌いだと思うよ。聞けばいいんだよ。お互い人間なんだから全部を分かり合うなんてできないんだからさ。


-自分は生意気だと思いますか。

思わない。生意気というより純朴だと思う(笑)
分からないことはすぐ聞くし、納得のいかないことはすぐカッとなるからね。それって純朴の証拠だと思わないかい?
我慢するとストレスたまるから言いたいことは皆言った方がいいよ。


-言い過ぎて「悪かったな~」と思う事はあるんですか。

しょっちゅうあるよ。だから謝れる時は、後で謝る。でも機会がない時は仕方ないよね。ちゃんと反省するよ。


-会議での発言も反省したんですか。

したよ。だから2回目の会議では大人しくしていたんだ。言い方も気を付けたよ(笑)


-最後に、テンポスグループの皆に言いたいことは何ですか?

みんなもっと、自分の意見を言おうよ。


-ありがとうございました。次はもっとすごい田上さんが登場します。お楽しみに。

おとまる