会社情報 事業概要 IR情報 採用情報 店舗一覧 グループ企業一覧 テンポス精神17ヶ条 お問い合わせ

2021年12月24日更新

あぁ~腰が痛い、足が痛い。あ、でも今日はパラダイス研修だ!

65歳が若造になるテンポス

テンポスの従業員の3割は60歳以上の高齢者です。けっこう多いなと思いませんか? なぜなら、テンポスには定年制がないからです。

販売の最前線でバリバリ働いて、若手と変わらない給料を得ている人、無理はしない程度に、昨日の自分よりちょっと成長することにやりがいを感じる人、お客様との新しい出会いが楽しくて仕事に励んでいる人、これまでの経験を活かし、いろんな人が働いています。テンポスで働いている最高齢は85歳。次に82歳です。

そんなテンポスですから、60歳以上を対象とした研修もあります。その名も「パラダイス研修」。希望者を集い、テンポスの店舗を視察に遠征します。今回の参加者の最高年齢は82歳、一番下は65歳。なので、65歳が一番の若造です。
移動中は、前立腺がん、糖尿の進行具合、入院した数を競うのが、この会のお決まりとのこと。

そんな「パラダイス研修」をレポートします!

1日目 テンポス広島西店を視察

東京を出発し広島に到着。早速テンポス広島西店へ直行!と思いきや、まずは腹ごしらえということで、一同お好み焼屋へ。
食べながら、「最近、あっちの方はどうよ。」「あっちて、どっちよ」「あれよ、腰が痛いって言ってたじゃないか」「あぁ~あれか。女はご無沙汰だな」「だから、違うって」。
そんな会話でお昼を楽しみます。

昼食を終え、車に乗りさらに移動。到着したのは原爆ドーム。「これも研修なの??」いいじゃないですか。



観光もそこそこに、次はメインイベント、テンポス広島西店に到着。

広島西店の店長、瀬畑さんが迎え入れます。
「ようこそ、広島西店へ。店内をご案内します」


参加者:
「広島西店ってけっこう、広いのね~」
「えー、こんなに綺麗に並べてるのか。たいしたもんだ」
「うちの店なんて、物が散乱してるよ」
「これなら、お客さんも買いやすいだろうね」

それぞれ、自分が所属する店と比較しながら、店内をぐるぐると回ります。
店内を15分ほど見学した後は、広島西店と意見交換です。

「我々、高齢者は、店の人とどう接すればいいでしょうか。話についていけるかと思うと、なかなか自分から声をかけられなくて。」
「こんなにお店を綺麗にするには、いつもどんなふうにやっているんですか?」
「俺には、ちょっときれいすぎて、落ち着かないですね。もっと挨拶を大きくするとか、活気がある感じがあると、もっと良くなると思います。」

このように40分ほど意見交換した後は、社長の森下が、会社の方針を話します。

「俺は、社員の給料を3年で5割アップしようと挑戦しているんだ。だけど、ただの厨房屋がやるのは簡単じゃないよ。うちの仕事は肉体労働と同じで、簡単に機械化できる商売じゃないからね。それでも挑戦する。社員に資産を持たせる。年収1000万円がゴロゴロいる会社にする。これぞ貧乏一掃作戦!人生まだまだ長いよ。自分の人生、どう生きるかだからね。」

約1時間のテンポス広島西店の視察を終えた一同は宿泊ホテルへ。翌日へ続く。

2日目~広島呉の大和戦艦で一同大盛り上がり。
「年寄りの興味、分かってるね~」と社長

2日目は広島の呉市へ。戦艦がある大和ミュージアムに行きました。ナビゲーターは、広島西店の片山さん。戦艦を見て一同「すごいな」と終始、楽しそう。30分の予定が1時間30分に延び、大満足。「年寄りの喜ばせ方、分かってるね~」と森下社長が一番喜んでいたそうです。


次は、宮島へ移動。皆で山登りしました。85歳だって、ひょいひょいと登ります。健康なのは、働いているからだそうです。

下山後の車移動は森下社長と長崎さんの2台の運転でしたが、山登りで皆さん疲れたので、社長にかまわず爆睡です。
次に夢から覚めて、到着したのはテンポス倉敷店。


参加者の山本さんは、倉敷店は非常に面白い取り組みをしていたと、興奮ぎみに話します。

テンポス倉敷店(FC店)では、中古食器をハンディラップで巻いて展示しているようです。通常だと、テンポスでは紐で縛るのみ。しかし、ハンディラップで巻くことで、食器を傷つけない、またお客様が持ち帰りやすい、というメリットがあります。


実際に、ハンディラップで巻いてみましょう、と倉敷店で即席の実演会が始まりました。


「えー、簡単だ」

「こりゃ~いいね~。店帰ったら俺もやるよ!」

倉敷店スタッフの見事な手さばきと、今までにないやり方で、皆、目を丸くしたそうです。山本さんは、東京に帰り早速、ホームセンターでハンディラップを購入しました。

3日目、最終日は大原美術館へ

最終日は、大原美術館や岡山楽園を散策。
3日目もなると、皆さんかなりリラックスされているようです。おもいおもいに撮影や散策をしながら楽しみました。


これにて、3日間のパラダイス研修旅行は終了です。

「パラダイス研修」参加してみて、どうだった?

パラダイス研修に5回目の参加となった、山本さんは、
「一人で旅行なんてしないからね。だから、この機会に同世代の人と会えるのは楽しみなんだよ。それに、テンポスは店によって特徴もそれぞれだから面白い。最初の頃は、私の店(旗艦店)のやり方を、地方店舗に伝授するぞ、なんて思っていたのが、お恥ずかしい。学ばせて頂くことばかりです。」

最後に、広島西店で迎え入れを担当した、瀬畑店長にもお話を伺うと、
「先月、初めて、全国店長会議に参加したのですが、他の店舗の方と、実際にお会いして、関りが持てるのは嬉しいなと思って。だから、パラダイス研修も同世代で集まって、一緒に学んだり、観光して一緒に過ごす時間って、とても良いな、って思いました。広島西店にいらっしゃった時も、皆さん仕事の事、たくさん質問してくださいました。パラダイス研修、すごく良いと思います。今、26歳ですが、60歳になったら私も行きたいです。」

おわり

テンポスバスターズ採用ページ
テンポスドットコム
テンポスバスターズショップブログ